アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
将棋雑記帳
ブログ紹介
正棋会の野山です。このブログは殆ど将棋関係の話ばかりになりますが(苦笑)楽しみたいと思っています。ときには感情的になることもあろうかと思いますが、ご容赦ください(汗)。
(Face Book)
https://www.facebook.com/home.php?clk_loc=5#!/profile.php?id=100006515719043
(正棋会)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~seihp/
zoom RSS

事業報告

2018/12/07 21:48
昨日、宅建士の合格通知が届いた。10月なかばに受けて、例年は50問中35問できれば合格だが、速報による自己採点では39問正解だったのでまあ大丈夫だろうと思っていた。ところが、今年の合格基準点は37問とのこと!問題が簡単だったとはとても思えないので、年々レベルが上がってきているとしか言いようが無い。ともあれほっとした。

ちなみに自慢じゃないが一発合格で、マンション管理士、管理業務主任者に続いて3つ目の不動産関連国家資格取得。これを取ってどうするというわけでもないのだが、自宅自体4階建ての賃貸マンションとしているのでその経営には実に役立っている。入居者募集方法、滞納の場合、修理の負担、退去時の原状回復、損害賠償、保険や保証はどうだとか。。。。

さて、本日は日帰りで朝日新聞東京本社へ出張。目的はアマレンの前年度事業報告と今年度の事業計画の説明その他。アマレンの事業年度は8月1日から7月31日までで、なぜこんなに変則的なのかというと30年以上前になるがアマレン発足が8月1日だったからとのことらしい。

朝日新聞社の記者さんと待ち合わせ、資料を前に説明をはさみながら今後の朝日アマの運営を中心にアマレンの業務や会計、はたまたアマチュア将棋界のあり方など話題は多岐に及び、大変興味深かった。朝日新聞社さんとの信頼関係は今後も揺るぎないものにしたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2018/12/01 22:11
先週は大阪に来た理事二人と共に梅田で飲んだり、アマレン事務所で前理事長と会計や運営、業務に関する議論を取り交わしたりと、様々な変化があったが無事収まってほっと一息。

さて、本日は今年最後の12月例会。これがなんと55名の参加!40名を超えるだけでも大きいのに、50名を超えるとはすごい。特に、研修会の人を十名近く呼んでいただいた炭崎さんには感謝申し上げる次第です。
画像

各クラスとも5勝、4勝、Bでは6勝も出て会計もやや苦しかったが(苦笑)ともあれこの大盛況は嬉しいの一言。こりゃあまた広い会議室を借りにゃあならんかも。

終了後は忘年会+世話役細川さんの歓迎会ということで淡路駅周辺の鳥料理屋で打ち上げ。この一年を振り返ると共に、正棋会のこと、アマレンのことなど実に盛り上がりました。皆さん一年間ありがとう、来年もよろしく!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日アマ首都圏大会

2018/11/25 22:24
土日は上京し、朝日アマ名人戦首都圏代表決定戦の運営。この大会は朝日アマ地区予選の中でも最大のもので、アマレンおよび東京の方々のお手伝いで運営している。先週が一日目で私は私用のため出席できなかったが、地元数名の方々が積極的にお手伝いしていただいたとのことで感謝。

今回はゆりちゃんに賞状作成と記録係7名の手配をお願いし、大変助かりました。もはや私のパートナー的存在かも(笑)。二日目はさすがと思わせるメンバーがそろっていたが、反面様々な有力どころも一日目で消えており、レベルの高さを大いに感じた。
画像

ここでも壮絶なつぶし合いの結果代表になったのは奥村雄太、小林康太郎、小林知直、遠藤正樹、小山怜央、大岩駿介、知花賢の各氏。若手あり、ベテランあり、奨励会出身者ありでさすがと思わせる。全国大会はやはりこの首都圏代表が有力と言えるだろう。

終了後もアマレン関係の打ち合わせや相談で時間を費やし、新幹線がなかなか取れないこともあって帰宅は夜10時近く。帰宅後もすぐ家の片づけなどで息つく間も無いが、自分で選んだ道なので満足。明日からもまたアマレン関係の仕事は続く。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大会ルール

2018/11/12 10:14
昨日、大京クラブにて大会経験豊富な人たちを数名集めて大会ルールについての意見交換を行った。きっかけは今回の朝日アマ関西ブロック大会で着手成立かどうかの判定をめぐって選手、世話役いずれにも疑問点が生じたことによる。

出てきた意見はルールは厳しめに取るべきだというものが多く、例をあげると、時計を押す前でも手が離れていたら反則の判断ができるという意見、時計を押した後駒の位置を整えるのも厳し目に判断すべき、など。

今年のアマ名人戦での対局規定、今回の朝日アマ関西の規定、アマレン理事会でまとめられた規定(まだ公式なものではない)も参照しながら、禁じ手(二歩や王手放置など将棋の規則そのものの違反)なら明らかだが、反則(時計の扱いや着手など)をどこまで認めるのか議論したが、難しい話ではある。

世話役の立場としてはなるべく反則で裁定したくはない。なぜなら勝敗を宣言するのだからその人の名誉にもかかわることで、故意で無い限り1回は許すという選択肢もありうると思ったが、故意かどうかの判断も難しい。

総じて、厳しめの方向で今後は考え直すこととしたが、アマレンの立場としては3月に控えている全国大会を視野に試行し、理事会を経てガイドラインを公開することになると思う。アマレンの重要課題の一つでもあるので、積極的に取り組みたい。

ひとしきり道場内で話したあとはお好み焼き屋へ。ここでもルールに関することを中心に話題は尽きなかったが、潔く負けを認めて男らしいという事例や、昔よく待ったのような指し手を繰り返しても憎めない人なので皆暗黙の了解だったり、笑えるような話もあったものの選手にとっては深刻な問題だとあらためて認識した次第。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2018/11/10 21:56
朝日アマ関西が終わった翌日またリバーサイドへ行き、預けていた大会二日目の盤駒時計を車に積み込み、同大会の結果をHPにアップして火曜日盤駒時計80組を車に積んで朝六時に出発、四日市のアマレン事務所で荷物の片づけと他地区の朝日アマ結果まとめ等の仕事。

その間、大変疲れる出来事もあり、水曜日朝起きようとすると激しいめまいと吐き気に襲われ、四日市のマンション(実は大阪と二重生活)で1時間ほど倒れたままになっていた。よほど救急車を呼ぼうかと思ったが体が動かないのでじっとしているしかなく、ようやく起きられる状態になったので病院へ、というありさま。

帰阪は一日遅らせたがここ1週間ほどの疲れが相当たまっていたらしい。医者からは5日間ほど安静を勧められたが帰阪しないといけないので安全運転で早朝に四日市を出て、ここで前日朝のような状態になったらという恐怖を感じながらも自宅に着いたときは心底ほっとした。

さて、11月の正棋会は新入会員が5名という大盛況。特に岐阜県から女子2名、男子1名をおかあさんが引き連れていただいたのには感謝感激。先日の役員会議で女子は入会金ゼロという作戦が功を奏したか?

画像

正棋会例会の結果はアマレン会報でほぼ1ページをもらっているので(決して私が強引に増やしたのではありません(笑)周囲の強い勧めによるものです)様子を伝えるのが楽しみになってきた。

さて、明日もまた東淀川区民会館へ行き、6ヶ月後の例会予約。その後一日中外出の用事あり。からだはもう大丈夫のはずだが精神的には。。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日アマ関西ブロック決勝

2018/11/04 21:45
本日は5組のベスト4が出そろい、滋賀、和歌山からも二人ずつ合流して代表決勝戦。世話役としてはここまで来ればあとは進行させるのみなので大変気楽な立場。

画像

結果は藤原結樹(大阪)、長生治彦(大阪)、荒木隆(滋賀)、木村孝太郎(滋賀)、福間健太(大阪)の5名が代表で、大阪3、滋賀2というパターンは珍しい。この5名の内荒木さんが連続2回目の代表だが、他はなんと初代表。とはいえいずれ劣らぬ実力者ぞろいだから全国大会は目が離せない。

終了後その場で世話役のミーティング。議題は会則の見直しですぐ終わるつもりだったが入会金の取扱など議論が続き、そろそろ打ち上げの時間ということでお開き。

そのまま荷物を片づけて京橋へ出向き、石川さんも合流して駅近くの中華料理店で打ち上げ。大京クラブ4Fも諸事情により11月25日をもって閉鎖となり、席手として新たな道場も決まりつつあるとのことで石川さんに皆で協力を約束した。

この大会が終わると世話役としては一年のうち一番ほっとするのだが、私個人にとっては本大会のまとめ報告と首都圏ブロックの運営が待っており、気の抜けない日々がしばらく続く。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日アマ関西一日目

2018/11/03 20:55
本日はJR桜ノ宮の大阪リバーサイドホテルにて朝日アマ関西ブロック一日目。昨年は137名で、ここ数年減少傾向が続いていたが今年は140名でわずかながら前年比増。ささやかな世話役の喜びであるが、もうあと10人ぐらいは来てほしいなあ。
画像

開始時に朝日新聞社の女性部長からご挨拶いただいたあと、最近はプロもアマも群雄割拠の時代で若手だけでなくベテランも頑張っているというような話をした。朝日アマ三番勝負のことと共に朝日アマ名人戦の魅力についてもお伝えしたつもり。

進行アルバイトはここ数年奨励会員だったが、今年は例会日と重なってしまい、大阪大学のお二人にお願いした。若い人はてきぱきしていて気持ちよく、私のミスをうまくカバーしてもらったり(汗)して大変助かりました。

最終結果では昨年度全国準優勝の折田さんや、ここ数年代表の森下さんという元奨励会三段が敗れ去ったものの常連強豪は揺るがず、若手を中心に面白そうな展開。滋賀代表、和歌山代表の人は明日くじを引いてもらうのだが、この人たちがどの組のくじを引くのかも注目。

明日は高見の見物なので大変気楽なことを言っているが(笑)実に楽しみです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


将棋を世界に広める会

2018/10/13 22:35
本日は京都にて、ISPS(International Shogi Popularization Society:将棋を世界に広める会)の会合に出席。この会は全国的な組織であるが、今回は西日本の会員のみということで十数名が京大の楽友会館に集まった。私はアマレン代表としての出席。なんと正棋会から新役員の細川さんも参加。

今回のメイン議題は将棋のルーツに関する考察。インドからとか中国からとか様々な説があるが、松岡理事によるとどこからの経由でもなく日本独自のものであるとのこと。既に書籍も出版されているが、その根拠には説得力があった。この論争にいつ結論が出るのか注目されよう。

その後はなんと将棋大会。直前にメニューを見てえっと驚いたのだが(最近まったく指していない 笑)苦戦しながらも数局勝つことができた。まあ、親睦のための将棋なので気楽ではあったが。ゲストで来ていた小学生低学年の女の子に二枚落ちで指導みたいなこともあったが。

終了後はお待ちかねの懇親会。再度の将棋のルーツの話で歴代天皇陛下が殆ど皆将棋をお好きで、昭和天皇が船舶での移動中、余興で将棋大会を開催し、ご自身が準優勝されたエピソードなど興味深かった。(そのとき優勝したのは某新聞社の記者だったそうで、周囲から猛烈な避難を浴びた。。。?わけでもなかったらしい)

様々な話題を楽しんで京都を後にしたが、アマレンとして他団体との協力関係が大きな課題の一つであり、このような集まりを通じてアマレンのことを知ってもらい、人脈を広げることは大いに意義があることと感じた。あ、参加費の領収書忘れた!そんな細かい話はともかく。。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


女流アマ名人戦

2018/10/08 22:29
本日は東京出張。目的は女流アマ名人戦の取材。この大会の優勝者が朝日アマ名人戦の女性代表であり、結果と棋譜をアマレン会報に掲載することになる。また、将棋連盟等関係者と知り合いになるのも大事なこと。

会場につくといきなりひでまさとさゆりンに会ったが、予選で負けたとのこと。若い子ばかり勝ち進んでいくからまあしゃあないかなあ、とか話しているとすぐみらんちゃん&英春さんの師弟コンビに会い、記念撮影?ゆりちゃんも含めていきなり女性数名とライン友達になりました(笑)

大会のほうは本命バリバリのみらんちゃんが決勝で小澤さんを破って連続優勝。特に準決勝以降は中終盤が素晴らしいできばえで、もはやアマ女流界では無敵と言っていいと思う。さっそくラインでおめでとうメッセージ送信(笑)
画像

写真に写っている佐藤会長とも親しく話することができ、東京まで来た甲斐があったというものだろう。大会の様子を伝えることは実際その場で見てきたものと机上で情報を得ただけとはかなり違うと思う。出張費はほんの少ししかもらわないが、今後も大会観戦を続けたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2018/10/06 21:47
台風25号の動向が懸念されたが当日朝は晴れ上がり、結局台風の影響は無かった。もともと正棋会は台風であろうが大地震であろうが今まで一度も延期や休会にしたことは無く、今後も基本は守っていこうと思う。

今回も若手の新入会員が数名来てくれて大変嬉しい。奨励会に合格した人が多かったようで、聞くと翌日が例会とのことで特に地方から来る人にとってはこの日程が都合良かったもよう。42人の参加人数は最近では大変多い方で、40人を見越していたレイアウトだったが思いがけず席を増やしたりした。
画像

さて、あさってからはまた東京出張、木、金は四日市のアマレン事務所で諸事項の報告・相談および事務作業等。忙しい日々が続く。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


将棋連盟

2018/10/03 21:16
本日は朝から東京将棋会館にてアマレンと将棋連盟との協力関係に関する打ち合わせ。将棋連盟からは森内専務理事、鈴木常務理事と職員の方に出席いただいた。

内容は、と言ってもこのようなご相談は今まで無かったようなので手探りであるが、まずはアマレンのご紹介から始め、将棋連盟主催大会の取材可否、レーティングと免状の連携、将棋世界誌への掲載などざっくばらんにご意見を伺った。

概ね私案には同意いただけたものと思うが、将棋連盟内で確認いただく必要がある事項も多く、持ち帰りで検討いただくことになり、まずは一段落。一例として、R点数1800点に達したら初段免状をすぐ申請できるようにしてはどうか、というような話。

終了後は新幹線予約の時間に余裕があったので蒲田道場へ。奥村理事とこの二日間の話し合い結果をもとに意見をいただいたり、他の理事と一緒に大阪へ行っていろいろ話したいとか前向きな方向に進みつつある。

他団体との交流というのもアマレンの大きな目的の一つであり、課題でもある。一つずつ、少しずつクリアしていきたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


LPSA

2018/10/03 06:52
先月末はアマレン事務所にて、名古屋の学生さんとアマレン・デジタルコンテンツに関する打ち合わせ。要は紙の会報をWeb上で見てもらおうというものだが、セキュリティ、棋譜ソフト、ダウンロード、スマホ仕様等問題点はクリアできる見込み。来年早々テストを始めたい。

そして台風の中、2千通近いアマレン会報、これも将棋世界、詰パラ、小冊子さまざまな組み合わせに分けて郵便局まで運び、その場で検査してもらい、なんとか一日でも早く会員に届くようにした。アルバイトの学生さんも使って汗だく。

昨日10月2日から本日にかけて東京出張。昨日はLPSAの事務所へ行き、今後のアマレンとの協力関係について打ち合わせ。宏美ちゃん、おっと中倉代表とはリコー将棋部の関係で20年来の知り合いであり、直々もよりの駅(浜松町)から出迎えいただいた。

相談の内容はアマレン会報のページを増やし、LPSA主催の全国大会を大きく取り上げること、協賛、お互いの会員増のための協力など。LPSA所属の女流棋士、技術アドバイザの遠藤正樹さん、業務の斎藤さんもまじえて有意義な話に進展した。来年から本格稼働の見込み。

終了後は遠藤、斎藤両氏とともに近くの中華料理屋へ。将棋界を昔からよく知る人たちなので将棋談義は尽きず、会報に掲載する内容の提案もいただいた。なかなか面白い提案だったので、こちらも早速検討する。会報は今より4ページ増にしたいと思っている。

さて、本日は将棋連盟さんと打ち合わせ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


富士通杯

2018/09/17 08:25
16日は蒲田・富士通ソリューションスケアにて富士通杯学生団体戦。この団体戦は年末に行われる学生王座戦とともに大学生の団体全国大会であり、王座戦が7人制なのに対し富士通杯は5人制という特徴がある。

今回観戦するのは初めてだが、学生大会は学生名人戦や学生王座戦をはじめとして観戦する機会が多く、若者の熱気にはいつも圧倒される。アマレンとしてもその準備や結果報告で大いに支援したい。また、このような場では久しく会っていない人と突然顔を合わすこともよくあり、そのような楽しみもある。

画像

最終結果は早稲田と東大が勝ち点、勝ち数ともに同率ながら前年度順位の差で早稲田が優勝という大接戦。立命館も勝ち点が同じだったが、早稲田に1−4負けを喫したのが大きく、勝ち数で及ばず。4連覇を逃したとか?

表彰式ではアマレン代表としてのご挨拶を要求され、意表をつかれたが、学生のトップはアマトップという話をした。これは偽らざる本音であり、学生将棋のレベルの高さは評価されるべきものであると思う。

終了後は蒲田将棋クラブにてアマレンの会計に関する相談。やはりここは専門家に見てもらわないといけない分野なので、ほんの概要ではあるが説明し、今後の協力関係を作ることができたのは大きな成果と言えよう。それにしても次から次へと課題続出で、精神的にも体力的にも気をつけないといけない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


谷川さん宅にて

2018/09/16 08:58
土日は東京出張。土曜日は町田の谷川さん宅にて5人集まり、順次抜け番にて4マ。田尻氏の誘いであと先週と同じ内野さん、松下さんというメンバー。私は合間にアマレン関係で電話の用事があったりして、毎日なんらか仕事に係っている感じ。

結果は最後にやっとトップを取れて3位だったが、昼間からビール片手にわいわい言いながら遊ぶのは大変楽しい。谷川さんが1位で、さすがプロ雀士(女流プロも)の知り合いが多いだけのことはあるかも。

終了後は町田駅周辺のお好み焼き屋で打ち上げ。もんじゃ焼きは大阪であまりみかけなかったが、ねぎ焼き、モダン焼きはやっぱり無かったなあ。話は様々なところに及んで実に楽しい集まりでした。ありがとうございます。そのまま東京で一泊し、明日は朝から蒲田へ。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アマ名人戦

2018/09/10 21:22
朝9時半頃チサンホテル浜松町に到着するといきなりゆりちゃんが「私、やせたでしょ」と出迎えてくれた(笑)。え、そうかなあ、いや、まあ、そうやね、などと言葉を濁してしまったが(汗)。

アマ名人戦最終日の組合せは早咲誠和ー小林知直、遠藤正樹ー鈴木肇という実力者の勢ぞろい。特に5度目の優勝を狙う早咲氏と50歳を超えてなお第一線で活躍する遠藤氏が注目されていた。それにしてもお二人の強さにはあらためて感心する次第。

しばらく準決勝を観戦してから蒲田で奥村理事と打ち合わせのためホテルをあとにすると、さゆりンがすれちがいざま笑顔で手を振ってくれていた。東京で女性の知り合いも多くていいねえ?(笑)

奥村さんとはもちろんアマレン関係の様々な相談。実は来週にも蒲田へ行くのだが、時間の足りないほど課題が多いので本日はその前準備という感じ。10月、11月に入ったら他の理事も含めて打ち合わせ予定。

課題の一つであるLPSAとの連携については蒲田道場に来ていた藤森女流と概要を話し、10月初旬にLPSA事務所にて打ち合わせることが決まった。別件だが、将棋連盟とはその翌日、森内専務理事と打ち合わせの了解をいただいている。いずれも議題はアマレンとの協力関係で、大所は押さえておきたい。

その後またチサンホテルへ戻ると決勝は小林ー鈴木戦となっており、鈴木さんが小林さんの穴熊による食い付きをかわし初優勝。検討してみると普通は切れているはずの攻めが手になっていたりするから現代将棋は恐ろしい。

今回の東京出張は旅行のつもりだったのだが、結局仕事半分以上という結果。得たものも多く、帰阪の車中では思わず感慨にふけることもあったが、まずは直近の課題から取り組んでいきたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初代理事長を訪問

2018/09/10 20:39
9月9日はアマレン初代理事長の関則可(せきのりよし)さんを訪ねて立川へ。関さんとは20年以上ご無沙汰しており、現在の所在もなかなかつかめなかったのだが田尻隆司を通じて立川近辺の研究会の人たち(内野さん、高徳さん、ア浦さん)のご案内により訪問させていただいた。

関さんは既に80を超えられているがお元気そうで、私が3代目理事長に就任したことを報告すると大変喜んでおられ、昔話が尽きなかった。最近作られたという自作の詰将棋もいくつか見せてもらったが、訪問したメンバーが寄ってたかって余詰めを指摘したものだから頭を抱えておられた(笑)。
画像

1時間以上歓談のあと新宿へ繰り出し、小島一宏さんと元学生名人の松下さんも合流して交流会。皆さんいろいろとアマレンのことを心配してもらったり、期待をかけてもらったりして良いアドバイスもいただいた。東京へ出てきてもこんなに多くの友人がいることに感謝する次第です。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


十三棋道会館にて

2018/09/03 22:17
本日昼から席手の北川さんを訪ねて正棋会の石川さんと共に十三棋道会館へ。目的はアマレン理事長就任のご挨拶と、同じ将棋関係に携わっている以上今後の協力関係などの可能性を探ったり、立場の違いによる意見交換などのため。

北川さんが熱っぽく語られたメインは将棋の普及に関すること。将棋を知らない人が将棋を指せるまで指導できる人をどんどん養成して将棋の層を広げていかないといけない、ということ。子供を集めて大会をしただけでは普及にならないということ。

なるほど、私は正直ここまで考えたことはなく、ある程度まで強くなった人が更に強くなるには、あるいはもっと将棋に興味を持ってもらうにはどうするかなどの視点しか無かった。アマレンというと、とかく強豪にばかり目をつけすぎるようなところがあるのかも。

その他、道場が少なくなってきている懸念や段級位とレーティングの考え方など。北川さんには、レーティングは嫌いだとはっきり言われてしまったけれど(汗)棋力を判定する尺度として、変動していく段級位という考えと通じるところはあると思う。

1時間ほどの歓談でさまざまな情報交換ができ、有意義なお話を多くお聞きすることができました。ありがとうございました。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


正棋会

2018/09/01 21:57
昨日まで四日市のアマレン事務所で発送作業。会報のみの場合は軽いから良いが、将棋世界、詰パラ、小冊子があり、しかもこれらの複合計の人も多くいるのでそりゃあもう大変。

会報、将棋世界、詰パラ等を詰め込んだ郵便物は段ボール箱30近くあり、これを何度かに分けて車で郵便局まで持って行き、局員の人と共に料金いくらのものがいくつというのを確認のうえ発送してもらった。こうすればきっと皆さんには早く着くはず。いやあ、汗だくだくでグロッキーだったけれど。

一夜明けて正棋会。朝の挨拶では石川さんが先月の例会で通算1千勝を達成したことを報告し、お祝いとして金一封の贈呈。正棋会は40年以上に及ぶという石川さんのご挨拶は実感がこもっていました。

今回うれしかったのは若手の新入会員が7名ほど来られたこと。ベテランあり、若手ありの正棋会だがいっぺんに若返ったようで頼もしい。アマレン更新、新入会の人も数名おられ、個人的にも満足でした。
画像

先月から好局の紹介をしているが、最後まで残った対戦のうちからポイントの局面を示してもらい、それを写真に取り、実戦の手順及び対局者の感想を聞く。最新形とは言ってもさまざまな形があり、将棋の奥深さを感じて大変勉強になりました。これをまたアマレン誌上で伝えたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成最強戦決勝

2018/08/12 19:42
本日は平成最強戦二日目で、ベスト16から。午前中に2局指してベスト4が残ったが、元奨励会三段数名がなんとすべて消えてしまった。関東地区のレベルおそるべき。

準決勝は小山怜央対細川大市郎で小山勝ち、渡部壮大対小泉卓也で渡部勝ち。決勝は記録係がゆりちゃんだったせいもあって(?)和気藹々とした雰囲気で始まったが(笑)序盤数手で現代風の損得が別れるところでは既に両者鬼の形相。

最後は小山さんが中盤から気合いの猛攻を通し続け、2年連続優勝を成し遂げた。200名を超えるとんでもないレベルのこの大会で連覇はおそらく初めてだし、実力者の証明を不動のものにしたと言ってよいと思う。れおぽんすごい!おっと、ゆりちゃんに乗せられたか(苦笑)。。。
画像

表彰式では終わって一言を申しつけられたので、この大会のレベルの高さに驚いたことと、周囲の皆さんの協力関係が素晴らしく、みんなでいい大会を作っていこうという一丸となった気持ちが伝わってきて大変良かった旨を話した。次回もまた素晴らしい大会になるようにアマレン理事をまじえて更に検討したい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成最強戦

2018/08/11 22:35
昨日上京した仕事の続きが東京平成最強戦。昨年は207人、今年も206人の参加者を迎え、大変な熱気に包まれた。遠方からの参加も多かったが、関西からはちょっと少なめだったかも。

開始の挨拶は西村さんから長年の感謝の言葉のあと、私から新理事長就任のご挨拶。自分でも何を言っているのかわからなかったが(笑)今後もアマチュア将棋界を大いに盛り上げていきたいと思う。

大会ではさすがは関東地区と思われる想の厚さで、学生強豪、元奨励会有段者、全国優勝経験者が歩けばすぐぶつかるぐらいに数多く居る。まるで恐竜ひしめく森の中!?

大会以外の出来事を書くと、会場でばったりあの蛸島彰子さんとお会いし、何年ぶりかなど話が弾んだ。アマレンの課題の一つにLPSAとの連携というのも私はあげており、LPSA主催大会の掲載など協力関係を築きたい旨お伝えして満足。

さて、一日目のベスト16に残った面々はいずれ劣らぬ強豪ばかりだが、優勝者の予想はとてもできない。熱戦譜がいくつもできあがることを期待している。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

将棋雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる