竜王対ボナンザ

本日は天気も良かったので、気晴らしに日帰り温泉ドライブ。日中は窓を開けて運転していたが春風が実に心地よかった。これでようやく春になったんだなと実感。

夜9時よりBSにて渡辺竜王対ボナンザのドキュメンタリー。ボナンザの開発者である保木さんという方は将棋はルール程度しか知らないそうだが、ソフトウエア開発がプロなのでこのようなすごいものを作り上げることができたとのこと。ちなみに「ボナンザ」とはスペイン語で「大発見」という意味らしい。へえー。

将棋の内容も要所で解説があり、面白かったが、確かに中盤ボナンザ▲6六角は人間には?指せないかも。対して△8六歩といけばどうなるのか、素人の(特に相穴熊素人の)私にはさっぱりわからないのだが。

終盤は竜王ピンチと思えるような局面だったが、竜王△3九竜のような手をボナンザはよく見落とすらしいから、今後の研究課題かも。それにしても面白い将棋だった。

この対局料はxxxxx円という高額だったらしいが、それを受けた竜王のプレッシャーは傍目にも想像できる。もし負けたら総会で謝罪しないといけない、というのは本音かも。竜王相手にここまで善戦したのだから、トッププロでないと危ない?!と思わせた。

時代は変わった。コンピュータが人間を追い抜く時代は既に来ているのだと思う。