衝撃の報

夕方、信じられないメ-ルを受け取った。北海道の新井田氏死去。死因は急性心停止とのことだが、つい最近掲示板、自身のブログにも昨日書き込んでいたばかりなので、まるでわけがわからない。

そのブログには「泥酔して帰宅。。。」と書いてあったのが気になったが、彼の場合一時健康を損ねていたという話も聞いたことがあったので、怖いものだ。ブログにはその昔ある大阪の大会で私と会話したようなことも書いてあったが。

昨年の春、西日本理事会終了の翌日彼から電話があり、理事会の様子を伝えたらアマレンのことについて彼の持論を熱っぽく語っていた。私も同意できるところと意見が異なるところもあり、30分ほどしゃべっていたと思う。

そしてすぐまた翌日にメ-ルが来て、やはり今後のアマ棋界、とりわけアマレンのありかたについて実に熱い長文をもらった。このような彼とのやりとりはよくあったが、これが最後になろうとは想像もできなかった。

思えば学生時代から長いつきあいだった。全国大会で彼と対戦したことも数多く、アマ竜王戦の予選抜けの1局を負かされた将棋は今も強く印象に残っている。残念ながら全国大会は準優勝が多かったようだが、間違いなくトップアマの一人だった。

もう20年も前になるが、週刊将棋の企画で東京にて美馬和夫さん、横山公望さんと彼、私というメンバ-で「大会サバイバル戦術」なるものの座談会を行い、3週に分けて週刊将棋の目玉企画として掲載いただいたこともあった。

それにしても何が起こるかわからない。もうこの歳になって何も驚かないつもりだったが、思いもしないことはあり得るものだ。冥福を祈る、といってもなんだかさっぱり信じられず、実感もわかないのだが。