アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
将棋雑記帳
ブログ紹介
正棋会の野山です。このブログは殆ど将棋関係の話ばかりになりますが(苦笑)楽しみたいと思っています。ときには感情的になることもあろうかと思いますが、ご容赦ください(汗)。
(Face Book)
https://www.facebook.com/home.php?clk_loc=5#!/profile.php?id=100006515719043
(正棋会)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~seihp/
zoom RSS

詰将棋全国大会

2018/07/15 22:57
本日は東京・蒲田の産業プラザにて詰将棋全国大会。といっても県代表同士が対戦するわけではなく、受賞作品の表彰や短手数局の解答スピードを競うようなイベント。
画像

この会には「アマレン握り詰め」という企画があり、私はアマレン代表として表彰を受け、西村理事長の代理としてメッセージを読み上げた。握り詰めの詰将棋は13個あり、決められた駒を使用してうまく詰将棋を作るものだと感心。

休憩後の二部では早解き競争や詰めパラクイズで高得点をあげた人たちによる詰将棋対戦。ここでは宮田敦史六段が圧倒的に強く、50手を超える詰将棋でも秒を読まれながら詰めあげたのは驚き。さすがはプロ!

懇親会ではさまざまな人と話ができ、このような場で指し将棋の世界とは一味違う交流をもてたことは大変有意義だったと感じている。来年は大阪ということなのでまた参加したい。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


正棋会王将戦

2018/07/07 23:09
本日は夏の正棋会王将戦。とはいえ、昨日からの豪雨で関西内でも止まっている電車がいくつかあり、今日は大会があるのかどうかという問い合わせ対応に朝から追われた。もちろん、正棋会は滅多なことでは例会を中止しません。あの阪神大震災の直後でも60名以上集まったぐらいだから。

本日は神戸方面と大阪北部、そして阪和線が止まっているのが大きくて33人の参加。初の土曜日開催で大人数を期待していたのだが不可抗力には勝てない。それでも若手や常連強豪が多く来てくれたのは嬉しい。
画像

朝の挨拶では8月からアマレン理事長交代の旨を自ら報告。正棋会も全国的な視野で見つめ直す良い機会かもしれない。肝心の対局のほうは?というと1−3の負け越し。あーーあ、最新定跡にはついていけん(苦笑)。

トーナメント後も大熱戦が続いた結果、本日中に終わるかどうか相当懸念されたが、決勝では木村秀利さんが浅田拓史さんを破り、8度目の優勝。さすが、最新定跡に精通している。
画像

正棋会王将戦は楠本誠二さんが9回、沖元二さんと私が8回だったが、木村さんはこの8回に並んだわけで、10回取れば正棋会永世王将という規定に最も近いといえよう。若手に対抗するには最新定跡を研究すべきということを身をもって感じた一日であった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アマ竜王戦

2018/06/25 22:25
先週は火曜から金曜まで四日市のアマレン事務所にて会報の最終仕上げと発送準備。一旦大阪に帰って土日は東京、月曜は再び四日市で今帰宅したばかり。あれ、今何曜日?何日?何月だったかな??って感じ。

23日土曜日はアマ竜王戦一日目の様子を夕方1時間ほど伺ってから蒲田にて奥村さんとアマレンに関する打ち合わせおよび藤森保のリコー定年退職祝賀?会。蒲田行きつけの居酒屋には20名以上の人がところ狭しと入り込み、将棋談義、XX談義に花盛り。

祝賀会には九州の下ちゃん、遠藤氏、樋田氏というおなじみのメンバー、女流棋士はもちろん奥さん、まりかちゃんもまじえ、リコー関係は藤森・瀬良と私が入社時代をなつかしがっていました。あのころの3人がもうみんな定年だなんてほんとかなあ。

24日はアマ竜王戦二日目をアマレンとしての取材で、これが上京のメイン業務。そして桐山さんが48歳という最年長優勝、50代なかばの古作さんが3位というベテラン勢健在の結果。朝日の47歳渡辺さんとともに中年、いや失礼、ベテランの巻き返しという時代か。そういえば渡辺さんと桐山さんの棋風は似てるかも?

画像

準優勝の小山君は当然優勝を狙っていただろうに残念。表彰式後声をかけたらホントにがっくりという感じの照れ笑いでした。4位の橋碕さんも大学生とのことで、竜王戦6組も楽しみです。

そして、上の写真にもちらりと写っているが、羽生竜王とリコー関係を中心にいろいろ話できて大変うれしかった。森内専務理事ともこの大会の参加者に奨励会同期が何人かいてなつかしいなどとのお話を聞くことができた。このお二人と話できたことは大きな収穫かも。

さて、このあと自宅マンションの用事を二日間片づけたあとまた木、金と四日市、更に来週も月、火と四日市の予定。ついに四日市で安いマンションを借りることとしたので、来週から大阪との二重生活が始まります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日アマ三番勝負

2018/06/11 09:17
先週木、金と四日市、土日は朝日アマ三番勝負の進行・観戦記等の仕事で静岡県・伊豆・修善寺の「鬼の栖」へ。今回は横山大樹名人対渡辺俊雄挑戦者という北海道・札幌対決。

画像

対戦場所の旅館は周囲や庭の風景が美しい高級旅館で会席料理、露天風呂を満喫し、立ち合いは加藤一二三九段という豪華さ。アマ棋戦でこれほどの待遇は無いと思われる最高峰の決戦。このような立ち合い仕事は実に役得。

結果は2−1で横山名人の防衛となったが、矢倉2局、相掛り1局いずれもアマ最高峰とうならせる大熱戦であり、最後まで勝利の行方はわからなかった。勝利者の横山さんにはもちろん、惜敗の渡辺さんにも心から拍手を送りたい。

帰宅は修善寺から伊豆鉄道で三島まで出た後こだまとひかりを乗り継いで大阪の自宅までたどり着いたのが夜中の12時。帰宅途中でもグロッキーだったが、この4日間の疲れがどっと出た。しばらくはゆっくりしたいが自宅でアマレン会報を仕上げ、来週また数日間四日市へ。その後すぐアマ竜王戦取材など多忙な日々が続く。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リコー夏合宿

2018/06/03 20:43
6月2日、3日と箱根花月園にてリコー将棋部夏合宿。ここのところ合宿と言えば杉の宿だったが、この花月園も古くからよく利用している。今回の参加者は19名とのことで都合のつかない人が多かったようだが、いつもどおりの熱気と楽しさは変わらない。

昼の部の個人成績は2−2(小山に×、桑山に×、北川さんに○、島井さんに○)で、いつもどおりの指し分け。夜の部では得意のリレー将棋で勝利。細川、俊平が同じチームだったから心強かったかもね。
画像

そして温泉に入ったあとの夜中(?)の部では、俊平、馬上、いとたか、山内らとジャラジャラ。2連続トップと走ったあとの3局(卓)目は既に夜中の1時。オーラス2万点以上浮いていてダントツの山内から、なんと国士無双直撃!(4枚目の南!)島井女流がFBに掲載してくれました♪それにしても山内のぼやくことぼやくこと(笑)雄介らの笑うこと笑うこと(笑)

翌日は寝不足の新幹線車中で羽生竜王の本を読んでいたが眠くてたまらず、それでも帰宅後はアマレン関連のメール処理に追われ、夜は正棋会会場で預かり金の徴収と後かたづけの手伝い。いやあ、忙しくて楽しくて充実の二日間でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学生名人戦

2018/05/27 20:12
先週は原稿最終校正と会報等の発送準備で四日市に3泊4日でアマレン事務所へ。2泊3日の予定だったが最後まで校正が続いたことと、2千人分近い発送準備がとても終わらなかったことで一泊追加。

一日置いてから本日は東京にで学生名人戦の取材。朝6時台の新幹線で準決勝から観戦したが、やはり現代風の将棋で対局者の研究の深さに圧倒された。

決勝は別室で勝又六段の解説に意見を言ってみたりして、現代将棋を理解できた気がした(かな?)。ちなみに勝又六段とは彼が中学生の頃からの知り合いで、お互い突然会場で会って「おお!」と驚き。

そして優勝は岡山大学4年の羽仁豊さん。昨年は決勝で東大の藤岡さんに敗れたが、今回その藤岡さんにベスト8で雪辱を果たし、決勝戦も感心させられる将棋で本当に強かった。おめでとう!準優勝の木村さんは立命館の一年生とのことで今後何度もチャンスがあるだろう。
画像
この大会のもようおよび棋譜解説は優勝者の自戦記とともにアマレン機関誌やアマレン小冊子でお伝えする。やりがいのある仕事でこちらも楽しい。

さて、明日も早朝の新幹線経由で四日市へ泊りがけで発送業務。けっこう忙しいなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


永世七冠祝賀会

2018/05/10 21:54
本日は東京・日比谷の帝国ホテルにて羽生永世七冠および国民栄誉賞祝賀会。アマレンにいただいた招待状により私が参加することとなった。会場には千人近い人たち!
画像

安倍総理の祝電、長嶋終身名誉監督からの祝賀メッセージビデオ、そしてこの会に出席いただいたiPS細胞の山中教授、井山裕太七冠、各種棋戦の社長さん等実に豪華な祝辞が続き会場は大変な盛り上がりを見せた。

個人的には知り合いのプロ、アマ強豪等多くの人と話ができ、大変有意義だったと思う。このような席では普段なかなかお会いできない、話できない人と交流を深めるのが実に嬉しい。但し、羽生さんご本人と話をする余地はとてもできなかったが、最後の羽生さんの見送りのときにちょっとご挨拶しただけでも良かった。

本日は東京のホテルに一泊し、明日は四日市のアマレン事務所で編集業務。けっこう忙しい(こともある?)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


R選手権決勝

2018/05/06 21:44
いよいよR選手権も最終日のベスト8に。そのうち優勝経験者は北川さんのみというメンバーながら、いずれ劣らぬ実力者ぞろい。実績で言えば小山怜央、稲葉聡あたりが有力かというところ。

そして決勝はその稲葉聡対高橋英晃という組み合わせ。二人とも勝てばR選手権初優勝ということだが、ここまでさすがと思わせる勝ちっぷりを見せている。
画像
サトシはここでも連載の三間飛車、ヒデくんはいかにも現代将棋という感じの4枚穴熊。中盤、サトシに見落としがあったようでヒデくんの快勝となった。初優勝は大変うれしかったようです。

終了後は会場の後かたづけだが、机、椅子をたたんで倉庫へ、盤、駒、時計を車二台に分けてアマレン事務所まで運んだりと、学生さんのアルバイトを雇っても我々おじさん連中はへとへと。このまま帰宅すると夜中の名阪国道をぶっとばさないといけないようなのでもう一泊することに。

打ち上げは学生さんもまじえてそば屋にてちょいと一杯。昨日も世話役同士で飲みに行ったばかりだし、これで四日市に5泊6日。。。。ああ、やっと明日大阪に帰れる、のではあるが今週木曜日東京、金曜日四日市とまた出張が待っている。なんとも忙しい定年後だこと。ほんと、ありがたいって!?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


R選手権

2018/05/04 22:30
昨日は特別予選会の運営。A級と選手権の両方を同時進行したのでかなり混乱したが、どちらも4局ずつでソルコフの順位決めがうまく行き、ほっと一安心。けっこうチョンボもあったのだが、大目にみてもらいたい(汗)。

本日からはいよいよR選手権。朝、四日市市長ご挨拶のあと8月にアマレン理事長交代予定ということで私からご挨拶。今までアマチュア将棋界で随分お世話になったので、今後は定年を機会として世話する側に回って盛り上げたいというその場の思いつきの内容だったが、まあ本音ではあります。皆さん、是非ともご協力を。
画像

多くの人からアマレンの本拠地が四日市から大阪に移るのかという問い合わせを受けたが、四日市に優秀なスタッフが多くおられるのと、文化事業としての大会、安くて広い会場やのべ数百人の宿泊先確保等を考えると大阪に移る予定は当分は無いと考えている。

さて、R選手権のほうは本日予選の4局指しだったが、上位陣がけっこう敗れているのが目についた。どんどん若手強豪が出てきているのと、中堅どころやベテラン勢がややくたびれてきたのかな、という印象もある。

明日、あさってと楽しみは尽きないが、やっぱり疲れるなあ。仕事のストレスは忘れてぐっすり眠りたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


R選手権の準備

2018/05/02 20:00
GWはR選手権の準備と運営のため車で四日市へ。なぜ車で行くかというと、盤・駒・時計等大量の荷物をアマレン事務所から四日市文化会館まで運ぶ必要があるため。

荷物の中でも特に2寸盤40個!(80人分)にはマイッた。学生さん二人と近場の協力者の助けを得て雨の中文化会館の搬送場所から会場へ運び入れ、机・いすと共に3時間ほどかけてセット完了したがもうクタクタ(汗)。

というわけで今はホテルでこの報告を書いているが、事務所にいても次々と来る原稿や大会案内メールの処理に追われるのでやっと一息というところか。でも、ホテル予約、来年の場所確保などの実務で苦労されている西村理事長のことを思えば精神的負担は軽いものかも。

さて、明日はまず特別予選会の運営から。R選手権選手の立場が長かっただけに、今回初めてとなる運営の立場はどんなものか、人ごとみたいだが明日からはそうも言ってられないだろうなあ。悠々たる立場の観戦と思って楽しむことにしよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三番勝負の下見

2018/04/24 20:25
本日は伊豆・修善寺「鬼の栖」にて6月9日、10日に行われる朝日アマ三番勝負の下見。三島駅で朝日新聞社の方2名とアマレン西村理事長と待ち合わせて現地へ行き、現地の方の説明を受ける。

対局場はもとより、選手及び関係者の宿泊部屋、控室、ネット中継、食事の段取り等説明を受けながらひとつずつ確認していく。素晴らしい温泉宿で、このような場所で一泊し朝日アマ名人のタイトルを争うことは対局者冥利に尽きるだろう。

私自身も世話役の立場としてこの三番勝負に参加できることは大変嬉しい。加藤先生に立ち合いおよび解説していただくのでこれも楽しみ。但し、駅などで先生がタレントとして?ファンの方々に取り囲まれないかという心配話も出ていたが(笑)

帰りの車中では西村さんと今後のアマレン企画や方向づけなどについて話し合った。解決すべき議題は多くあるが、8月の理事会に向けて案を作成したい。さて、今晩は四日市で一泊し、明日、あさってとアマレン事務所にて発送やR選手権準備等の事務作業予定。けっこう忙しい日々が続いて充実している。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2018/04/02 06:46
昨日は正棋会4月例会。社会人や学生さんの多くはこの日から新年度が始まる。アマ棋界では朝日アマ全国大会が終わり、あらたに新年度を迎えるといったところであろうか。春の陽気の中多くの強豪が集まった。
画像

例会の結果についてはA1で相当な星のつぶし合いがあり、全勝者なし。そのような中で初参加の中学生、和歌山の楠本一斗さんが4勝で入賞し、注目された。A2では豊留さんの全勝、石川さんの4勝が光る。石川さんは1000勝に近づいている。

個人都合により、朝の挨拶後一旦帰宅、夜に再度会場へ行き、後片づけ。定年後といってもアマレンのことや不動産関係の仕事でけっこう忙しく、良い傾向かと思っている。将棋の実戦からは離れていきそうで、いわゆる「観る将」になっているかも。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日アマ全国大会

2018/03/11 23:54
9日から11日まで、アマレンスタッフとして朝日アマ全国大会に参加。前夜祭では森内常務理事も来られ、選手一人一人に挨拶してもらう進行役を任されたが、ユニークな自己紹介や抱負も多くあり、盛り上がった。

日はあけて1回戦最大の関心事は女性代表の野原未蘭さんが女性代表初の1勝をあげたこと。アマレン機関誌に取り上げたいと思っているが、師匠の英春流で快勝とは素晴らしい。ほかには聡と慧梧が2回戦で当たるかもというブロックで、二人そろって敗退ということもあった。一日目終了後は蒲田のとある飲み屋に数名で集合し、将棋談義その他?で盛り上がっていた。
画像
ベスト4は首都圏がやはり強くて二人、いずれも奨励会出身の知花さんと竹下さん、北海道のベテラン・渡辺さん、関西期待の折田翔吾さん。いずれ劣らぬ実力者であり、大熱戦が展開されたが抜け出したのは47歳の渡辺さん。

決勝戦では渡辺さんには北海道へ新井田さんと藤山さんの弔問に行ったとき大変お世話になり、折田さんとは研究会で30番ぐらいは指した仲。いずれにも勝たせたいという複雑な気持ちだったが、渡辺さんの手厚く押さえ込む棋風が随所に発揮され、最後は見事な即詰みに。おじさん強いね、と言っておきました(笑)

画像

終了後は表彰式、後かたづけとアマレンの仕事を全うして新幹線へ。余韻を残しながら乗り込むと停電があったとかで大阪まで5時間もかかってしまった。ともあれ、三番勝負は北海道同士、若手名人対ベテラン挑戦者という興味深い戦いで、大変楽しみ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


R選手権関西ブロック大会

2018/03/04 21:35
本日はR選手権関西ブロック大会およびA級大会で、3月度正棋会例会を兼ねる。全国代表を決める大会であり、暖かくなってきたこともあってか53名の参加で会場は熱気に包まれた。
画像
個人成績は予選で望外の4連勝をなしとげたのちトーナメントは辞退。申し訳なかったが、R選手権全国大会の運営役となる身なのでまかり間違って代表になってはかえって周りに迷惑をかけるのでやむなし。

A級では十代の代表も出て盛り上がったが、選手権も相変わらず若手および実績のある人が強く決勝戦の3局はいずれ劣らぬ大熱戦。近日中に棋譜をアップするのでぜひご覧いただきたい。

全国大会は予選6局指し、4勝通過者でトーナメントという過酷なレースだが、関西勢の活躍を大いに期待している。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アマレン出張

2018/02/25 08:50
先週、先々週とも数日間四日市のアマレン事務所へ出張。仕事内容は会報の作成と発送準備等。会報は主にメールで送付される原稿を会報にまとめることで、編集ソフトで仕上げていくのだがレイアウトや文字の大きさ調整などでなかなか難しい。私はアルバイトの人からその仕事内容を聞いて引き継ぐ見習いの立場。

原稿作成で一番困るのは原稿送付納期を守ってもらえないことだが、納期過ぎでもなんとか皆さん送付いただいているのでこれは信頼関係というものだろう。ほかに大会案内等については日時や連絡先、開催場所など間違いの無いよう神経を使う。

発送準備は単に会報のみの人、将棋世界同封の人、詰パラ同封の人、小冊子同封の人、更にその複合型に加えて期限切れまたはそれが間近の人など実に20パターンを優に超える種類の準備をしておかねばならない。この準備をしておいて印刷された会報と将棋世界等が届き次第同封して送付できるようにする。

数千冊に及ぶ会報が印刷されるのと将棋世界や詰パラ等の必要部数が届くのは月末になるが、それまでの準備が一苦労というわけで、経費削減のため郵便送付方法も割安の形式を選んでいる。

もちろん、アマレンの仕事はこればかりではなくR計算、会員管理、会計処理、外部団体との折衝等多岐にわたるが、現在のスタッフとともに数ヶ月かけて自身で体験し、自分一人でもできるぐらいになっていないといけないと思っている。

来月は朝日アマ全国大会の準備最終確認を経て、9日から東京・チサンホテル浜松町へ。今年はどのような結果になるのか楽しみであり、しっかりと見届けたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2018/02/12 20:34
本日は2月例会。通常は第一日曜日だが、6ヶ月前になかなか予約が取れずずれ込んでしまい、大きな大会とも重複してしまったがやむを得ない。それでも若手強豪が多く集まって良かった。
画像
個人的には先週7日に退院したばかりでまだすたすたと歩けるような状態ではないため朝の準備と夜の片づけのみ参加。机やいすを運ぶだけでもちょっと足にずしりときたが、そこは気力でカバー。まあ、日ごとに自然治癒していくはず。

朝の挨拶では石川さんより昨日(11日)の大阪支部大会の結果報告。一般戦代表の折田さんもシニア代表の河合さんも以前よく正棋会に来られていたのでうれしい。4月の西支部大会でも頑張ってほしい。私からは来月のR選手権関西ブロック大会の要領を少し説明。

例会の結果はというとA1ではやはりという感じで相当なつぶし合いがなされ、全勝者なし。振飛車の将棋が多かったように思えたのは気のせいか。アマはプロの傾向に左右されているとはいえ、振飛車党が相変わらず多いところはアマ将棋らしいかも。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


同期会

2018/02/04 13:42
昨日は京都にて大学将棋部時代の同期会。毎年冬と夏に6名が集まるが、今回で何年目になるのかちょっと思い出せない。5年ぐらい続いている。集合場所は京都四条の雀荘(笑)、場所を変えて懇親会。全員定年の年齢だが仕事を続けている者も多い。
画像
実はこのときまだ入院中で、外泊許可を取っての参加。とはいえ宿泊場所は自宅という制限があるため懇親会後急ぎ帰宅。たまった用事が山ほどあるので早く片づけたいという気持ちもあった。

卓を囲んだ成績はというと初戦でぎりぎりトップだったのみであとはマイナス続き。まだ股関節が完璧ではないので歩くのに苦労したが、この会に参加するという半年前の約束は果たした。さて、夏はまた京都か、それとも別の場所になるのか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダブル合格

2018/01/23 16:46
マンション管理士に続いて管理業務主任者の合格通知も受け取り、ダブル合格!昨年末受けた国家試験が二つとも受かるとは正直想定外の出来事で大変嬉しい。
画像
この二つの試験の範囲は似ているのでダブル受験する人は多いのだが、挑戦を始めたのが2年前、親戚の兄に勧められたことと、実際に自宅でマンション経営しているのでその知識が必要というのが動機。

この2年間毎日朝5時に起き、出社前、通勤電車内、帰宅後、そして休日何も予定が無いときは10時間ぐらいテキストや問題集に取り組んでいた。おかげで将棋の研究はまるでできず、随分弱くなりましたが(苦笑)

実は先週火曜日に人工股関節手術が無事終了し、毎日注射やリハビリで入院生活が続いているが先生からはかなり回復が早いと言われている。一刻も早く退院したいなあ。

ともあれ、アマレンの仕事と併せて定年後の仕事には不安なし。といいつつ今年は又宅建士目指してテキストも買い込み、懲りずにまた挑戦する。さまざまな意味で今年は充実した一年となりそうな予感。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マンション管理士合格!

2018/01/14 16:12
リコー合宿から帰宅後、簡易書留の配達通知あり。マンション管理センターからだったのでまさかと思いつつ郵便局へ取りに行くと、なんとこれがマンション管理士の合格通知
画像
この試験は昨年の11月末に受けたものだが、合格率が7−8%、14倍という難関国家試験の一つ。実は試験後速報の解答合わせで少し足りないと思っていたのだが、基準点が低ければ可能性はなくはないとあきらめていなかったのがよかったのかも。

ともあれ、ぎりぎりひっかかっていても勝ちは勝ち!来週には12月初旬に受けた管理業務主任者の合格発表があるが、こちらは速報の解答合わせで合格点に足りていると思うので、ダブル合格の可能性。

さて、実は明日から3週間ほど人工股関節手術のため入院。足が良くなればと思って決断したので、これも良い結果をのぞむ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リコー将棋部合宿

2018/01/14 16:04
13,14の土日、熱海・湯河原の杉の宿にて恒例のリコー将棋部合宿。定年後初の参加だが、大型新人の小山君や他社ゲスト強豪もまじえて30名以上の参加者を迎えて大盛況。
画像
昼は15分の30秒で4局指しの後宴会、その後はリレー将棋といつものパターン。昼の部は大逆転勝ちもその逆もあったものの2−2でまあ満足かな。

夕食時の屋敷先生自戦解説による次の一手名人戦では序盤3手目で間違えてしまって3期連続優勝ならず。得意のはずのリレー将棋でも小山、田尻、室田、野山というメンバーで私の指した悪手がいくつかあって敗退。ごめんなさい(汗)

帰りの新幹線車中では実戦は引退だなあと納得していたが、このような場を楽しむためにも将棋から離れることはできないということも実感。リコー将棋部の発展を祈る。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

将棋雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる