アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
将棋雑記帳
ブログ紹介
正棋会の野山です。このブログは殆ど将棋関係の話ばかりになりますが(苦笑)楽しみたいと思っています。ときには感情的になることもあろうかと思いますが、ご容赦ください(汗)。
(Face Book)
https://www.facebook.com/home.php?clk_loc=5#!/profile.php?id=100006515719043
(正棋会)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~seihp/
zoom RSS

アマレンへ

2017/02/19 22:17
本日は所用で四日市へ行き、アマレン事務所へ。十数年前、三重将棋センターが昔の場所にあったとき訪れたことはあるが、新しい場所へ行くのは実は初めて。
画像

そして、会報の発行、R計算方法、HPへの公開、会計などを教えてもらった。実務上R計算にしても会員名簿更新にしても同姓同名や住所変更などのとき困ることがよくあるようだ。聞いてみて納得。

昼食は近鉄四日市駅近くの料理屋で理事長夫妻と食事。アマレン活性化のための課題は多いが、理事会でまた議論したいと思う。帰りの電車内では窓の外の景色を見ながらすがすがしい気分になっていた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2017/02/12 20:50
本日は2月例会だったが、同期会のため欠席。夕方から京橋へかけつけた。朝の挨拶では石川さんから来月のR関西ブロック大会の案内、支部大阪大会の結果など連絡してもらった。R関西ブロックは今年から代表4名になるのでねらい目です。
画像

参加人数は24名と少なかったが、大きな大会との重複もあったようなので仕方なしか。A1も10名以上参加してほしいのだが、中身の濃い将棋を5局指せるという点には代わりは無い。

今後正棋会を更に良くしていくためにどうするか世話役間の話題は尽きないのだが、近日中にめどをつけようと思っている案件もあり、良い方向に向かいたいと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


同期会

2017/02/12 20:31
11日、12日と同志社将棋部同期会。京都の雀荘に朝集合し、夕方から南禅寺の施設へ宿泊に。学生時代苦楽を共にした仲間だが、ここ数年半年に一度交流の場をもっている。
画像

時間の大半はほぼ卓に座って過ごしたが(笑)京料理といえば湯豆腐を味わったり、寒い中暖かい風呂を満喫したり、ふと外を見ると雪が降っていたり実に京都らしい雰囲気を味わった。

皆さん60に近いまたは既に60という年齢で、定年退職のことが話題になるがそれぞれの勤め先や仕事によっても異なるし、考え方や注意点なども多々あるようだ。

一泊後の朝は南禅寺で観光。さすがにせっかくここまで来て部屋の中で遊んでばかりではよくなかろうということで(笑)その昔石川五右衛門が「絶景かな」と言っていた場所や、坂田三吉と木村義雄名人が1週間かけて戦った対局場などを見学。話題が一つ増えたかな。

その後やっぱり雀荘で夕方までジャラジャラ。トータル結局いくらか負けになったが、最後のほうは意識朦朧としていた。やっぱりもう若くないことを自覚したけれど、ほんとによく遊んだなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


支部大阪大会

2017/02/05 22:29
本日は大阪府の支部代表選考大会。たぶん5−6年ぶりの出場だが、久々に代表になりたいというよりも朝日アマ全国大会を3月に控え(招待選手)実戦を指したいという意味合いのほうが強い。

実際本日の予定は昼2時頃にはヒマになって会場の十三から3−4駅のところにあるスポーツジムで汗を流し、サウナでさっぱりして帰宅ということで着替えのシャツやタオルなどを持っていっていたのだが、思惑に反して準優勝。夕方まで残ってしまった。

途中悪い局面や錯覚は何度もあったが切り抜けて決勝は絶好調の村越君。正棋会支部同士の対戦となったが序盤でつまづいてあとは挽回効かずという、若手対ベテランではよくある結果に。まあ、予定が予定だっただけに悔しくはないけれど(なあんて、負け惜しみ(苦笑))

終了後は巽さんが先導してなんと20名を超える打ち上げ。昔は良かったなあというのはおじさん年代の悪い癖だが(笑)まあ、こんな席上だから大いに自慢し合う場面も。大会に出るということは旧知を深め合うということにもなるけれど、そのためには少しは勝ち抜かないといけないかも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アマレン役員会

2017/01/30 22:12
本日は平日ながらアマレン役員会。理事会とは異なり、理事長(西村さん)+副理事長3名(奥村さん、児島さん、野山)の4名で構成され、理事会(各地区から約10名)の議題原案作りを行う趣旨。

場所は副理事長の持ち回りで、昨年は大阪だったが今回は東京にて。打ち合わせ場所は朝に蒲田将棋クラブへ集合。私は数年ぶりだったので道に迷ってしまい、到着が時間ぎりぎりになってしまった(苦笑)。

議題はアマレン会員数の現状、会計報告と黒字化のための方針、朝日アマの運営、新たなR点数計算方法などを午前中、午後からは場所を変えて今後のアマレンの体制というシビアな議題へ。

ここでは様々な意見と現実を直視した方向付けがなされたが、まさに重要問題であるだけに8月予定の理事会までにはおおよその見当はつけておかねばならない。

再度このメンバーで集まったり、理事長と個別に話し合いなどもあるのだろう。アマレン自体どうするのかという根本的な議論になるのかもしれない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リコー冬合宿

2017/01/22 19:57
通例の冬合宿はいつもどおり湯河原・杉の宿にて。新幹線車中では雪景色に見とれていたものの、湯河原駅に降りるとさすがに熱海だけあって大阪より暖かく感じたのだが、夜になると寒い。イノシシ注意の貼り出しが目についたが、こんなに寒くても出てくるのかな。

参加人数は20数名でクラス分けして対局。今回のゲストは中村真梨花女流と渡辺愛女流。細川が中村女流に敗れ、おおすごいと思っていたら私も渡辺女流に攻めつぶされた。女流のレベルおそるべし。また、田尻など久々に会う人も多く、話もはずむ。
画像

個人成績は1−3と久々の負け越し。あーー、これでは次回Sメンバーに選出されそうもないなあ。時間が短かったなどど言い訳は言いたくないが、ほんと手が見えていない。まだまだリハビリが足りないようだ。

宴会では屋敷先生が自身のここ半年ほど前の好局を解説+次の一手名人戦。そしてなんと私が次の一手名人に!その好局がたまたま私の印象に残る1局だったので中盤以降だいたいの流れがわかっていてラッキーだった。ちなみに「リコー合宿次の一手名人」は私にとって記念すべき初タイトル(笑)。

宴会の後は得意なはずのリレー将棋だったが、ダブルタイトルならずで残念。どうやら私の指し手に疑問手や悪手があったようで申し訳ないが、大笑いの場面も多く、実に楽しめました。

その後は田尻、俊平、雄介と卓を囲む。細川が「重い」と評した実に標準的なルールであったが、サンアン・トイトイ・ドラ4の親バイは会心の1局。後輩からちょびっと小遣いをせしめて申し訳ない(笑)。

練習将棋では最近の流行型を指し、よってたかって数名で研究。なるほどそう指すものか、そう考えるのか、へーという場面も多々あり、大変勉強になりました。次の一手名人の賞品として最新定跡本もゲットし、勉強再開。

それにしてもこの楽しさ、充実感の余韻はなんだったのか。将棋仲間として多くの友人、先輩、後輩と会えたのが良かったのだろう。この何ものにも代え難い財産を大切にしたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


F研

2017/01/14 21:23
本日は研究会。昨年一度も参加していなかったのでほぼ1年ぶり。メンバーはプロ、奨励会員、元奨励会員、アマ強豪だが、直前に風邪引きでドタキャンなどがあり5名の参加。4局指しなので総当たり。

個人結果は久々の全敗。奨励会員はホントにきわどいところを踏み込んで来るのでおそろしい。矢倉が3局、角換りが1局。手が見えていないというよりも駒の効きが見えていない(苦笑)。実戦不足を通説に感じた。

帰宅時には大阪も初雪。途中でヒートテックを買ったので早速今夜から着用。どの将棋も実にしっかりと納得のいく負かされ方だったし、ぐっすり眠れるかも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会王将戦

2017/01/08 23:59
新年最初の正棋会。思えば大京クラブに移転したのが昨年の2月なので一年になる。今の会場も囲碁との共存があるので難しい面もあるがなんとかやってこれた。もっと人数が増えてほしいという思惑ははずれてしまったが。
画像

個人成績は予選1局目でいきなり木村君と当たったが頑張って勝ってから勢いを保ち予選を3−1、トーナメントでは奨励会員の清水君に敗れてベスト8、トータル4−2。リハビリ中の身にあってはまずまずかも。

そして次々と名うての強豪が予選落ちする中、最終結果は優勝:中拓海、2位:清水航。両者とも若手らしい現代風の将棋を指すので見ていても勉強になる。決勝戦は163手の激戦だった。

終了後は中華料理店で軽く打ち上げ。といっても風邪をひいているので酒類は控え、餃子とチャーハン、焼きそばをを少しずつ食べてまあ満足。空きっ腹のご飯ほどうまいものはない。

さて、1月は中旬に久々の研究会、後半にアマレンの会合が控えている。将棋関係の活動からは一生逃れられそうにないかも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一年の計

2017/01/02 06:48
謹賀新年。昨日の元旦はばたばたしていたのと、夜風邪ぎみになってしまったので今書いている。新年早々ちょいと不安を感じるかも。

昨日朝5時半に近所の神社へ初詣。あまり具体的な願い事を並べても今まで神様が聞いてくれたこともなかったので(笑)簡潔に、良い年であることと健康であることをお願いした。

昼からは正月恒例としている淀川まで往復約30分の散歩。凧揚げしている親子、ジョギングしている人、釣りをしている人など正月らしいのどかな風景で、心機一転の気持ちにさせられる。写真奥は菅原大橋。
画像

将棋の目標といえば3月久々に朝日アマ全国大会へ招待選手として出場するので頑張りたいということと、R点数を少しでもアップすること、団体戦で貢献することぐらいか。個人戦で出るとすれば支部戦とアマ竜王戦ぐらいかも。

なお、今年の12月で定年になることもあり、その準備というわけではないが次の仕事のための勉強も昨年から継続して準備中で、なかなか面白いと思いながら進めている。

副業?ではアマレン副理事長としての役割や正棋会の運営等だが昨年よりは楽になることを願っている。付き合いではリコー将棋部合宿、大学OB会・同期会が楽しみ。頼りにしているのは信頼関係のある仲間達である。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


この一年

2016/12/31 22:04
ついに大晦日。一年の終わりを告げるこの日は個人的には一年で一番好きな日かもしれない。感慨にふけり、また、次年度に向けて期待と活力が湧いてくる日でもある。

さて、今年1年の将棋関係だが、印象に残るのは何度も繰り返しになるが50周年記念大会の成功。但し、資金繰りも大変なので次回55周年記念大会は盛大にとはいかないんだろうな、たぶん。楽しかった集まりはリコー合宿やOB会、同期会。

将棋大会というと団体戦で職団戦、京都団体戦など。団体戦では試合終了後打ち上げが楽しみでもある。個人戦は何も出場せず、何の結果もなし、正棋会例会ではまた点数を落としたというだけ。

アマレン関係では副理事長会、理事長会で運営の意見を述べ、全国大会観戦記では朝日、R選手権、朝日三番勝負、アマ竜王戦、学生王座戦と楽しませてもらった。何が大変かというとどの将棋を選ぶかということ。特定の強豪に集中してはいけないし、数ある熱戦から数局という制限がある。

さて、除夜の鐘ももうすぐと言いたいところだが最近は10時半頃には眠くてたまらなくなるのが常で、今日もその例に漏れない。ちょいとテレビでも見てからさっさと寝るか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学生王座戦

2016/12/27 20:20
本日は朝から雨で寒かったが、車を飛ばして四日市まで学生王座戦の観戦に。アマレン機関誌に2回に分けて棋譜を数局掲載し、観戦記とするにはやはり現地に行かねばならない。

最終結果だけ言うと立命館の優勝。かなり予想された結果とはいえ最終戦で昨年度優勝の名城大を7−0で破るなど文句なし。選手だけでなく応援も含め全員スーツネクタイで気合満点。

画像

観戦していて気付いたのだが、相矢倉をまるで見かけなかった。8回戦でそう感じ、9回戦で全局見て回ったがなんと相矢倉ゼロ!角換わり関連の将棋が多く、振飛車が全体の半分ぐらいか。時代の移り変わりを感じる。ちなみに横歩取りも見かけなかった。

これで日本選手権はリコー対立命館で、何度目かの対戦かすぐにわからないがリコー側も今回は気合いが入っているようなので(まるで他人ごと 笑)面白い対戦になりそうだ。でも、今日の対戦を見ていたらホント学生さんは強いからなあ。。。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会忘年会

2016/12/23 22:41
本日は朝から役員会で会計報告、その後忘年会というのはいつもどおりだが、夜ではなく昼間から忘年会。京橋の中華料理屋を予約していた。

会計報告では50周年大会と朝日アマ関西の収支報告を中心に現在預金されている金額の確認。50周年大会で相当つぎ込んだものの経費削減策が功を奏したようで、まずまずの残金があることを確認してほっと一息。

その後は昼間からビールを飲みながら辛辣な話あり、深刻な話ありで盛り上がったが、役員の関心事の一つに例会場所のことがある。京橋で順調なように見えるが施設で借りられるところがあれば今すぐにでも移りたいのが本音。

また、毎月の例会参加人数をいかに増やすかも頭の痛い問題の一つ。とはいえこれは会場問題とも関連しているので、うまくすれば一気に解決も夢ではない。

そのほかにも世話役やってくれる人いないかなあ、というのも切実な問題。昼間からちょいとふらふらしながら家路に着いたのでありました。帰宅後は将棋番組の録画で秒読みの声を聞きながらいつしかぐっすり。。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


OB会

2016/12/11 22:29
本日は年末恒例の同志社将棋部OB会+忘年会。昼間は今出川の学生会館の一部を借りて現役諸君との対抗戦、夜は打ち上げといういつものパターンで、20名以上参加していた。
画像

久々に4局も指したのだが、若い力に押されつつ危ない局面も多々ありヒヤ汗をかいたがいい練習と交流になった。A級復帰目指して頑張ってほしい。

打ち上げは烏丸四条まで出てコース料理。いかにも京都らしい風情だったのはいつもどおりでこの雰囲気が気に入っている。古くからの大先輩や現役学生とも話ができて実に有意義で楽しい一日だった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2016/12/04 22:30
本日は12月例会。ブログ更新は1ヶ月ぶりだが、この間まったく予期せぬ正棋会への妨害行為ともとれるようなひどいことがあったが、世話役数名と相談のうえ別段何の被害もないし、ほっといて問題なしとの結論。まあ、なんともはやいろいろあるのです。

本日は朝10時半頃まで準備のあと所用のため外出し、再度夕方4時頃大京に戻る。朝の挨拶は石川さんが代行でやってもらったが、一部の会員の方から参加者を増やすよう実に前向きな支援発言をいただいたとのことで大変感謝している。昔ながらの参加者の方々は正棋会のことを心配しておられるのがよくわかって感激。

個人的には忙しかった事項も本日で落ち着き、3月の全国大会に向けて将棋に集中できる時間が取れるようになったのは嬉しい。その手始めに約1年ぶりで将棋世界誌を購入した(大京クラブの割引料金で 笑)。

今後は最新定跡の細かな変化よりも、将棋に対する取り組みや局面の考え方などを中心に研究してみたいと思っている。そういう意味で将棋世界誌冒頭の羽生三冠のインタビューは大変参考になった。早速明日から将棋三昧になれるかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会

2016/11/06 22:35
本日は正棋会11月度例会。参加人数は28名。50周年記念大会があったので少しは増えるかと思っていたが30人も超えずにちょいとがっくり。
画像

朝の挨拶では50周年大会、朝日アマ関西ブロック大会のお礼。この2大会は心配事だらけだったが実に円滑に運営できてほんと参加者の皆さんには感謝している。私としては肩の荷が降りた。

また、正棋会世話役の立候補者募集の声掛けと、世話役から声がかかる人もいるかもしれないとの打診。諸事情により世話役の数が少なくなってきたが、若手(といっても30代、40代の人がよさそうだが)を招き入れて刷新をはかりたい。

ほかには正棋会王将戦、R関西ブロック大会いずれも一日制にすること、これは経費削減、世話役および参加者の負担軽減が狙いだが特にR選手権関西ブロックを一日でどう運営するかは具体的に考えねばならない。

個人的には今月も12月の例会にも参加できない忙しい事情があるのだが、来年の王将戦からは復帰する。また、3月には朝日アマ全国大会に招待選手として出場するので本日参加していた木村君とともに頑張りたいと思う。ベテランの味を見せたいって?

挨拶後は4階にて石川さんと50周年大会、朝日アマの会計について確認。特に50周年大会では100万円近く使ったにも拘わらずまだ貯金が残っているのを確認してほっと一息。大きく投資して良かったと思っている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日アマ関西ブロック決勝

2016/11/03 21:10
文化の日が定例となった朝日アマ関西ブロック決勝。一日目の持時間が25分/30秒、本日は50分/40秒だからほぼ倍になったわけで、期待通りの熱戦が展開された。
画像

代表は大阪が3名、京都が2名という結果になったが、ベテランあり、中堅あり、若手ありで全国大会が大いに期待される。当たり前だが決勝の棋譜を見ると代表になった人たちはホントに強いと感心。

画像

と、まるで他人事のように書いているが今回は40回記念大会であり、実は私も歴代名人2期以上という資格で招待選手となっているので頑張りたい。表彰式では思わず「誰も言ってくれないので自分で言いますが」と、思わずこのことを発表してしまった(笑)。まあ、頑張りましょう。(まだ何も取材を受けていないんだけど(苦笑))

終了後は世話役一同一旦大京クラブへ行って正棋会の課題を中心にミーティング。かなり厳しい話も出たが打ち上げは中華料理屋へ。ここでも様々な話題が出たがここ4年ほどで世話役を何度も激怒させた非常識な人間とその事件のことがやはり話題に。このような状況の中、新たな世話役を補充すべきという意見で一致したので今後は前向きに実行したい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日アマ関西一日目

2016/10/30 21:10
正棋会世話役にとって朝日アマ関西ブロック大会の運営も重要イベントの一つで、今年は50周年大会と日程が近かったので大忙し。直前にアマレンや朝日新聞社と連絡を取り、抜けが無いか確認し(実際ちょいとあったのだが(汗))本日を迎えた。
画像

今年は事前申し込みではなく当日受付とし、参加人数は160名前後かと思っていたが143名。昨年は147名で少なくなったと感じていたが、更にちょっと下回ってがっくり。とはいえ、強豪の密度と熱気は相変わらずすごい。

予選、トーナメントとすべて順調に進み、麻生二段、井田二段という奨励会員アルバイトは共に過去の正棋会常連者ということもあり、選手の人たちとの会話もとぎれることなく、近年まれに見るスムーズさで大満足。皆さん、ありがとう。

勝ち残り者は10代から60代のベテランまで様々だが、毎年意外性のある人が代表になることが多いので二日目(11月3日)は楽しみ。和歌山、滋賀からの合流組もなかなか手強いだろうから目が離せない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


50周年記念大会決勝

2016/10/10 22:16
昨日の興奮がさめやらぬまま二日目の決勝へ。各ブロックとも同じぐらいの参加人数で約半数が二日目に残り勝負はここから。場所も変わり、通常例会の大京クラブへ。
画像

正棋会では編入戦という方式をよく使っており、予選落ちしても千円支払って希望者同士の早指しを勝ち抜けば本戦に編入できるというもの。今回は記念大会ということで各クラス2名の編入とした。

するとどのブロックでも編入者(一日目の予選落ち者)がどんどん勝ち進み、A1では予選全敗だった松本さんが編入戦も含めてあれよあれよという間に勝ち進んで決勝へ。迎え撃つは準決勝で天野アマ名人を破って勢いに乗る若手の村越さん。
画像

結果は村越さんが見事な終盤力を見せて勝ち、記念すべき半世紀の記念大会に終止符を打った。村越さんは奨励会出身者で、なるほど筋の良い将棋を指す。アマ大会でも今後実績を積み重ねていくことだろう。

この二日間、ずっと前から心配事ばかりだったがいずれも切り抜けてホントに大成功だったと思う。強いて言えば料理の量がちょっと少なかったかもしれないが、これもパーティのみでも参加いただいた多くの正棋会員がおられたから。

プロ3名のスペシャルゲストも大好評でパーティも実に楽しく進めることができた。周囲の皆様に感謝感激、今後も正棋会をよろしくお願いしたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


正棋会50周年記念大会

2016/10/09 22:56
記念大会はいつも100人前後集まるのだが、最近の例会の参加人数から推測して70人前後かなと思っていたらやはりという感じで67人。いつもよりは少ないのだが、大人数であることは間違いない。昔懐かしい人も多く来られ、大変嬉しかった。
画像

記念大会のスペシャルゲストは今をときめく稲葉陽八段、斎藤慎太郎六段、船江恒平五段。正棋会ではそれぞれ100局以上も指して正棋会王将戦などでも大活躍した3人のプロ。夕方から来ていただき、感想戦で指導してもらったり、皆大喜びだったと思う。

記念パーティでは3人のプロのご挨拶をはじめとして沖元二アマ名人の乾杯音頭で始まり、正棋会の歴史クイズ、プロ3人による次の一手出題、なごりある人たちや若手のご挨拶、最後は正棋会創設当初からのメンバーであり平成最強戦創始者である武本義雄さんのご挨拶で締めくくった。
画像

ありがとうみなさん、大成功だったと思う。さて、明日は誰が優勝するのやら。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京滋団体戦

2016/10/02 22:30
本日は京都新聞社にて京滋団体戦。5人一組の団体戦で、我々は同志社大OBチームで2チーム。中には立命館OB、現役のチームが4つほど出場していたようで、このチームがいつも本命視されている。

会場では毎年この大会でのみ顔を合わす人や久々に会う人も居て、このような交流も楽しみの一つ。審判員の森(信)先生とは村山聖のドキュメンタリーについての話題。もうすぐ映画が封切りなので楽しみ。

結局チームは準決勝まで行ったものの立命館チームに2−3で敗れたが、個人成績は5−1だったので少しは勘を取り戻したかなと一安心。とはいえ、たぶん今年いっぱいはあまり将棋を指す機会はなさそうなのだが。

終了後はOB数名で焼鳥屋へ。将棋談義というのは仲間がいてこそ面白い。このような席で知らなかった情報を仕入れるのも勘を取り戻すことの一環なのかも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

将棋雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる